忍者ブログ

更新情報

当サイトは家庭用ツクールユーザを対象とした2008年度コンテストサイトです。
2008年7月1日より8月31日まで開催されました。

家庭用ツクールユーザ有志によるコンテストは毎年夏に催され、
主催者を代えつつも当コンテストで9回目となりました。
規模は年々わずかながら拡大傾向にあり、2007年度コンテスト「ヤミコン」では22の力作が投稿されました。
企業が家庭用ツクールを対象としたコンテストを開催しなくなり、
また、家庭用ツクールユーザのコミュニティが縮小する昨今、
作品を広く公開し、感想を多く得ることができる唯一の場として継続しております。

コンテスト詳細や、作品プレイ方法に関しては上記メニューをご覧ください。
寄せられた多くのゲームは「作品」に、コンテスト審査結果は「結果」に詳細一覧がございます。
2018.02.20 Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.05.02 Fri
先日記述いたしましたアンケートの集計結果より
今後の方針を以下のように提案いたします。

提案に対して好意的な意見が多い一方、否定的な意見も散見されます。
ここから一定水準の効果は見込めるものの、
審査期間延長の“程度”は慎重に決定する必要があると判断します。
延長期間が無為に伸びることで、
否定的な意見を持つ方々は不満を募らせると考えるためです。

以上より延長の度合いを熟慮しなければなりません。
しかし、どの程度の延長が効果的であり、
また不満を抑えられるかという問いに対し決定的な回答があるとは
正直なところ、考えにくいです。
効果的に延長を行うのであれば
純粋な作品数ではなく作品のプレイ時間に比例して延長する必要があり
また部門や作品種類の別をも考慮せねばならないためです。

そこで、審査期間の延長を好意的に視野に入れた上で、
ひとまず審査期限を8月31日と定めます。
8月31日前後において審査稿(おそらくメール)の到着総数から
審査期間の延長が必要であると判断できた場合、延長を実施いたします。
当然ながら、延長が必要でないと判断された場合には延長せず、集計いたします。
延長の程度に関しては当日の状況から判断を行いたく思っています。



以上の提案に対し検討の余地が残っていると判断される方や
異論、反論を持たれる方がいらっしゃるかもしれません。
そうした方々のご意見を本日5月2日から9日にかけて募集いたします。
ご意見はメール、もしくは当サイト掲示板にご記述ください。

mail : konkiriあっとまーくyahoo.co.jp

よせられた意見を踏まえ、必要に応じて検討を行い
今後の方針及び審査期間に関してまとめたいと考えます。
みなさんの幅広いご意見をお待ちしております。
PR
TrackBack:

忍者ブログ [PR]

Produced by こんどー

Powered by 忍者ブログ